top.jpg

〒421-0595 牧之原市女神31-1
     TDK(株)静岡工場内
TEL: 0548-54-0211(代表)
FAX: 0548-55-0411

代表理事あいさつ

公益財団法人山﨑自然科学教育振興会(旧名 財団法人山﨑自然科学教育振興会)は、TDK株式会社第二代社長の山﨑貞一氏(旧 静岡県榛原郡相良町、現 牧之原市 出身)が、我が国の科学技術の発展のためには、未来を担う青少年に科学する心をはぐくむことが不可欠との観点から、静岡県における自然科学教育の充実・振興を目的として、昭和58年、私財を投じて設立されました。

 

こうした目的を実現するために、県内すべての国公私立小・中・高等学校、特別支援学校の児童・生徒、学校、教員を対象に、次の三つの事業を展開しております。

  1. 研究成果を顕彰する「山﨑賞」(顕彰事業)
  2. 研究活動を助成する「研究助成金伝達」(研究助成事業)
  3. 研究活動を啓発する「科学教室、科学教室講師派遣事業、研修会・講演会支援事業の経費支援」(啓発事業)

募集要項は、県内すべての国公私立小・中・高等学校、特別支援学校等にお送りするとともに、本振興会ホームページにも掲載しております。ご活用くださいますようご案内いたします。

これらの事業成果は、平成27年度末までに、顕彰事業では32回を数え、述べ1688件・総額8800万円余を、また、助成事業では、29回に729件、総額8100万円余を、更に、啓発事業では、毎年、15件余の支援をさせていただいております。

 

近年の日本の自然科学分野の成果は、目を見張るものが続き、ノーベル賞の授賞も数多く、設立者山﨑貞一氏が夢見た「本県からのノーベル賞受賞者を」との願いも実現されております。

2011の3.11に起こった東日本大震災やその後発生したメルトダウン後の国難の復興・復旧のみならず、国家的な課題、静岡県としての課題解決のために求められている教育は、科学技術系の人材の育成であり、広い意味での科学研究を展開できる人材の育成であります。

中央教育審議会でも次期学習指導要領の方向性に、21世紀型の学力の育成に大きく動き出し、科学技術系の課題研究や自由研究の展開の必要性を重点的に埋め込まれました。

今後、設立者の理想をさらに大きく開花させるためにも、今まで以上に自然科学に対する熱い思いと夢にあふれる本県青少年の育成に微力ではありますが全力を注ぐ所存でございます。

なお一層のご理解・ご支援を賜りますよう心からお願い申し上げます。

平成28年6月16日
公益財団法人山﨑自然科学教育振興会

代表理事 熊野善介